カテゴリー
未分類

治療が遅れたら死!?梅毒とは?

荒野

昔は不治の病といわれていた梅毒。
今では治療薬で完治できます。

粘膜感染する梅毒は、セックスやアナルセックス、オーラルセックスはもちろんのこと、性器どうしの接触やキスだけでも感染します。
1回のセックスで感染する確率は20%でありかなりたかい確率で感染するため、きちんとコンドームをつけてセックスはおこないましょう。

梅毒の症状は特徴的で、3週間、3カ月、3年を目安に症状が変わります。

●第1期梅毒(感染3週間~3か月)
性器、肛門、唇などに感染部位に痛みのないしこりができる
足の付け根のリンパが腫れる
●第2期梅毒(感染3カ月~3年)
赤茶色のできものや発疹が手足を中心に全身にできる
肛門や性器などにイボができる
かぜのような症状(発熱、倦怠感、リンパの腫れ、関節痛など)
●第3期梅毒(感染3年以上)
しこり
●第4期梅毒(末期)
心臓、血管、神経、目などに障害がでる

これらの症状は期間中ずっと続くというわけではなく、症状は自然と消えていきます。
ですが、けっして完治したというわけではなく、徐々に症状は重症化しているのです。
梅毒に自然完治はありません。
かならず症状は悪化していくため、できるだけ早期の治療が必要なのです。

梅毒の治療は、ペニシリン系抗菌薬でおこないます。
病状が第1期であれば2~4週間、第2期であれば4~8週間、第3期以上は8~12週間の治療が必要となります。
早めに治療をはじめなければ治療期間や治療費が増えていくだけですが、やはり病院へいくのには抵抗があります。

そこでオススメなのが代行通販サイトからの購入。
国内では病院からに処方以外では治療薬を手に入れることはできません。
しかし代行通販サイトは海外から購入するため、アモキシシリンやミノマイシンジェネリックなどの治療薬を誰にもバレずに入手できます。