カテゴリー
未分類

早期発見可能!カンジダって?

虫眼鏡で覗く

女性に多い性病がカンジダ。
カンジダを引き起こすカンジダ菌は、真菌(カビ)の1種であり、誰でももっている常在菌の1種です。

性病はおもにセックスによって感染しますが、カンジダはセックスのほかに自己感染も起こります
常在菌であるカンジダ菌は、口の中や消化管、膣内に生息しています。
カンジダが発症しないのは乳酸菌によって数がおさえられているから。
しかし、性感染を恐れるあまり、膣内を洗浄しすぎてしまうと乳酸菌まで洗い流してしまい、菌が増えてカンジダを発症してしまうのです。

カンジダは発症すると、症状に気づきやすく、早い段階での治療が可能です。
どんな症状があるのでしょうか。

・女性
□膣およびその周辺のかゆみ
□粘度の高い、白いおりものがでる
□膣のヒリヒリ、刺激、熱感
□膣の外陰に発疹
□排尿時に痛む
□セックス時に痛む
・男性
□亀頭のかゆみやただれ
□亀頭が赤くなり白いカスがでる
□亀頭に小さな水疱がでる
□まれに尿道炎にかかる

軽い症状の場合は自然に治ることもあります。
しかしかゆみや痛みといった症状はできるだけ早く直したいもの。
カンジダは抗真菌薬での治療が可能です。

病院から処方してもうこともできますが、性病と周囲にしられるのはいやですよね。
代行通販サイトなら通販なので誰にもバレずに治療薬を購入できます。
また、フォルカンやニゾラールといったジェネリック薬を多く取り扱っているため、選択肢が多く、そしてどれも安く購入できます。

カンジダは一度感染すると風邪や寝不足などで免疫力や抵抗力が落ちたり、妊娠や生理によってホルモンバランスに変化が起きたりした時に再発します。
治療薬を事前に購入し、症状が出た時にすぐ治療できるようにしておくと早い段階での治癒が可能です。