カテゴリー
未分類

なんか臭い?トリコモナスかも!

口元を抑える女性

感染が減少傾向にあるのがトリコモナス。
中高年層にたびたび感染者がみられます。

性病は通常、菌により感染しますが、トリコモナスは膣トリコモナス原虫という虫によって感染します。
性器から魚の腐ったようなにおいがすることもあるトリコモナスは、セックスはもちろん、下着や濡れたタオル、トイレの便器などからも感染

症状が出るまでに10日~6か月ほどかかります。
通常は10日ほどで症状が出ますが、半数は無症状のまま。
無症状の3分の1が6カ月以内に症状が出ます。
トリコモナスの症状にはどういったものがあるのでしょうか。

・女性
□悪臭のおりもの
□あわ状のおりもの
□黄緑色のおりもの
□大量のおりもの
□排尿時に痛みがある
□セックス時に痛みがある
・男性
□少量の分泌物
□排尿時に軽い痛みがある
□ひん尿
男性は尿道だけの感染なら尿と一緒に体外へと排出されるため、症状がなければ治療は必要ありません。
しかし症状がある場合、治療をせず放置してしまうと尿道炎や前立腺炎を引き起こしてしまいます。

トリコモナスの治療は、メトロニダゾールでの治療が有効的。
メトロニダゾールは日本でも認可を受けて治療薬として処方されています。
市販での販売はおこなわれておらず、病院処方のみ。
そのためトリコモナスの治療は、病院へ行かなければなりません。

しかし性病は周囲にバレたくないもの。
知り合いでない赤の他人であっても、病院へ入っていくのを見られたくはありません。
代行通販サイトでは、治療薬を通販購入できるため、ネット環境があればどこからでも注文できます。
トリコモナスの治療薬は病院以外での取り扱いは法律で認められていませんが、代行通販サイトは海外での取り扱いになるため法律は適応されません。
また、代行通販サイトからの治療薬の購入は国に認められているため、合法的に購入し、治療が行えます。

カテゴリー
未分類

治療が遅れたら死!?梅毒とは?

荒野

昔は不治の病といわれていた梅毒。
今では治療薬で完治できます。

粘膜感染する梅毒は、セックスやアナルセックス、オーラルセックスはもちろんのこと、性器どうしの接触やキスだけでも感染します。
1回のセックスで感染する確率は20%でありかなりたかい確率で感染するため、きちんとコンドームをつけてセックスはおこないましょう。

梅毒の症状は特徴的で、3週間、3カ月、3年を目安に症状が変わります。

●第1期梅毒(感染3週間~3か月)
性器、肛門、唇などに感染部位に痛みのないしこりができる
足の付け根のリンパが腫れる
●第2期梅毒(感染3カ月~3年)
赤茶色のできものや発疹が手足を中心に全身にできる
肛門や性器などにイボができる
かぜのような症状(発熱、倦怠感、リンパの腫れ、関節痛など)
●第3期梅毒(感染3年以上)
しこり
●第4期梅毒(末期)
心臓、血管、神経、目などに障害がでる

これらの症状は期間中ずっと続くというわけではなく、症状は自然と消えていきます。
ですが、けっして完治したというわけではなく、徐々に症状は重症化しているのです。
梅毒に自然完治はありません。
かならず症状は悪化していくため、できるだけ早期の治療が必要なのです。

梅毒の治療は、ペニシリン系抗菌薬でおこないます。
病状が第1期であれば2~4週間、第2期であれば4~8週間、第3期以上は8~12週間の治療が必要となります。
早めに治療をはじめなければ治療期間や治療費が増えていくだけですが、やはり病院へいくのには抵抗があります。

そこでオススメなのが代行通販サイトからの購入。
国内では病院からに処方以外では治療薬を手に入れることはできません。
しかし代行通販サイトは海外から購入するため、アモキシシリンやミノマイシンジェネリックなどの治療薬を誰にもバレずに入手できます。

カテゴリー
未分類

早期発見可能!カンジダって?

虫眼鏡で覗く

女性に多い性病がカンジダ。
カンジダを引き起こすカンジダ菌は、真菌(カビ)の1種であり、誰でももっている常在菌の1種です。

性病はおもにセックスによって感染しますが、カンジダはセックスのほかに自己感染も起こります
常在菌であるカンジダ菌は、口の中や消化管、膣内に生息しています。
カンジダが発症しないのは乳酸菌によって数がおさえられているから。
しかし、性感染を恐れるあまり、膣内を洗浄しすぎてしまうと乳酸菌まで洗い流してしまい、菌が増えてカンジダを発症してしまうのです。

カンジダは発症すると、症状に気づきやすく、早い段階での治療が可能です。
どんな症状があるのでしょうか。

・女性
□膣およびその周辺のかゆみ
□粘度の高い、白いおりものがでる
□膣のヒリヒリ、刺激、熱感
□膣の外陰に発疹
□排尿時に痛む
□セックス時に痛む
・男性
□亀頭のかゆみやただれ
□亀頭が赤くなり白いカスがでる
□亀頭に小さな水疱がでる
□まれに尿道炎にかかる

軽い症状の場合は自然に治ることもあります。
しかしかゆみや痛みといった症状はできるだけ早く直したいもの。
カンジダは抗真菌薬での治療が可能です。

病院から処方してもうこともできますが、性病と周囲にしられるのはいやですよね。
代行通販サイトなら通販なので誰にもバレずに治療薬を購入できます。
また、フォルカンやニゾラールといったジェネリック薬を多く取り扱っているため、選択肢が多く、そしてどれも安く購入できます。

カンジダは一度感染すると風邪や寝不足などで免疫力や抵抗力が落ちたり、妊娠や生理によってホルモンバランスに変化が起きたりした時に再発します。
治療薬を事前に購入し、症状が出た時にすぐ治療できるようにしておくと早い段階での治癒が可能です。

カテゴリー
未分類

再発率高し!ヘルペスって?

ベッドに横になる女性

ヘルペスは再発率の高い性病です。
たとえ症状が治まっても、ヘルペスの病原は神経に潜伏しているため、ストレスや過労などが引き金となり、再発してしまうのです。
8割の人が1年以内に再発し、数年~十数年後に再発することもあります。

女性はクラミジアに次いで2位、男性は淋病・クラミジアに次いで3位の感染状況となっています。
ヘルペスのウイルスには、顔や上半身にあらわれる1型と、性器を中心とする下半身にあらわれる2型があります。
しかし、口から性器へ、性器から口へとヘルペスは移るため、オーラルセックスが浸透している現代においては、1型2型関係なく、全身にあらわれます。

ヘルペスは感染すると2~10日ほどで症状があらわれます。
症状は次のとおり。

・女性
□足の付け根のリンパ節が腫れる
□高熱
□陰部に水疱ができかゆい
□陰部に潰瘍ができて痛い
□排尿時に強い痛みを感じる
女性は男子より症状が重いことが多いため、より感染に気付きやすいです。
・男性
□足の付け根のリンパ節が腫れる
□高熱
□陰部に水疱ができてかゆい
□陰部に潰瘍ができて痛い
□排尿時に強い痛みを感じる
□尿道から少量の分泌物が出る
アナルセックスでは、肛門周辺にも症状がでるため、肛門と性器の両方を注意しましょう。

はじめての感染で症状がでると、激痛であることが多いですが、再発時では症状が軽く、治まるまでの期間も短くなります。

ヘルペスの治療には、バルトレックスやバルシビルなどといった治療薬が有効です。
これら治療薬は、代行通販サイトから個人輸入をすることで簡単に購入可能。
病院から処方してもらうと、限られた治療薬しか処方されませんが、代行通販サイトでは多数の治療薬の中から自分に合った治療薬を選択できます。

カテゴリー
未分類

最強の感染率!クラミジアとは?

うずくまる女性

性病感染で一番多いのがクラミジア。
平成30年度には約25,000人もの人が感染しています。
しかしこれは病院を受診して感染が確認できた数。
病院を受診していない人もいるため、実際の人数は2.5万人よりも多くいます。

クラミジアの感染率が高い理由は、感染していることに気づくのが難しいため。
女性は感染者の約80%、男性は約50%が無症状のため、自分がクラミジアに感染していると気づかずにパートナーや不特定多数の人と関係を持ち、移してしまうのです。

クラミジアに感染すると、次のような症状がみられます。

・女性の場合
□おりものが少し増える
□外陰部が少しかゆい
□排尿時に軽い痛みがある
□セックス時に軽い痛みがある
・男性の場合
□陰部がすこしかゆい
□陰部から少量の分泌物がある
□排尿時に軽い痛みがある
□セックス時に軽い痛みがある

これらの症状がみられたら、クラミジアに感染している可能性があります。
どの症状も軽めのものばかりでわかりづらいですが、少しでもあてはまれば検査を受けましょう。

クラミジアの治療には、病院からジスロマックやクラビットなどを処方してもらう必要があります。
しかし病院へ行くのは気が引けるもの。
代行通販サイトからクラミジアの治療薬を購入すると、ネットから購入できるため、周囲の目を気にせずに治療薬を手に入れられます。
また、代行通販サイトから購入できる治療薬は、アジーやレボフロックスなどといったジェネリック医薬品であるため、新薬を処方する病院よりも安く治療がおこなえます。

治療薬は7日間の服用が必要ですが、症状が治まったからといって服用をやめてしまってはいけません。
症状が治まっても完治はしていないため、かならず7日間は薬を服用しましょう。